万里さんの「情報プラットフォーム」

1.「食べもの通信」ML読者会「風ねっと」
2.「腸が教える食と農」(「滋賀民報」連載)
3.農業・食糧カフェ
4.アーユルヴェーダに学ぶ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「風ねっと」にようこそ――2019.7.31「コンテナ通信」(枚方食品公害と健康を考える会)

「風ねっと」のみなさま

酷暑お見舞い申し上げます。
早くも8月ですね。

 

○ 2019年2月に9年目に入った「風ねっと」、この半年で
農・食・医・健康をつなぐ情報発信も20通ほどになりました。

○ 『食べもの通信』も今年から「国連家族農業の10年」とともに
農業問題の固定ページ「最近の話題から」と5月号では特別企画で
「『種子法』廃止」問題を取り上げました。

○ 『食べもの通信』6月号のインタビューは2017年設立の「小規模・家族農業ネットワークジャパン」の関根佳恵さん。
2019年6月設立の「家族農林漁業プラットフォーム」代表の村上真平さん(全国愛農会会長)は、
2014年9月『食べもの通信』関西読者会の第1回講演会の講師です。
「持続可能な農業」について実践的な話を聞かせてもらい、とても新鮮だったことを思い起こしています。
----------------------------------------------------------------------------
● 「農・食・医・健康をつなぐ情報」(21)
枚方食品公害と健康を考える会(やさいの会)の「コンテナ通信」(2019.7.31「梅雨明けも気分は秋号」)より

 

「今年も水田にアイガモを入れた夜に、23羽全部キツネにやられ、やっと気持ちを立て直して田の草取りにいそしん
でいた矢先、猪に、サツマイモ全滅、カボチャ、トウモロコシも8割方やられ・・・」
「時間が経てば、懲りない百姓はまた種子を播くのですが、今は深い思考もままならず、怒りとむなしさのままに・・・」
――(滋賀県山間部の生産者)

  

関西読者会(2018年)でも鳥獣被害の実態報告がありました。
森林崩壊の発端となったのは1960年代の木材の自由化です。
当時、安全な食べものを求める学習を始めていたのに、木材の自由化を我が事として認識していませんでした。
50年後の今、身近な生産者から直接被害を見聞きしています。
今と未来につながる農林漁業の課題を、食糧主権者・要求当事者として受け止める消費生活者でありたいと思います。

 

梅雨晴れ間 草の香甘し投票日
去年(こぞ)のまま つば波打って夏帽子 ―― 万里

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.